雨戸の隙間のコウモリ駆除

雨戸の隙間のコウモリ駆除

日本において、コウモリによる被害は意外と多く報告されています。
コウモリが飛んで気持ち悪いとか、雨戸の隙間に巣を作られたとか、様々な被害状況です。


しかし、コウモリは害虫を餌とする益獣とされ、鳥獣保護法によって守られているので、勝手に殺してはいけません。

そこで、コウモリ駆除には被害のある場所から追い出し、寄せ付けないという方法をとります。

コウモリ駆除を自分でする方法もあります。

ホームセンターなどではコウモリ駆除用の色々な商品が販売されています。

ハト 超音波の情報が詰まったサイトです。

ただ、基本的にコウモリの嫌いな臭いや、超音波などで一旦は追い払えますが、また戻ってくることも多いようです。



しかも、超音波は効果がないコウモリもいるようなので、購入する際はそのコウモリに効果があるのかを調べてからにしましょう。雨戸の隙間に巣を作られたという報告をよく聞きます。



普段は使用しない雨戸をたまに使おうと開けたら、あらびっくりという感じです。

コウモリは小さな隙間から入り込めるので、普段から隙間を作らず入り込めないようにしておくのがベストです。


しかし、巣を作られてしまったら仕方ないので、自分で駆除するか、業者に頼むかどちらかです。自分でやれば安くすみますが、効果が持続するかは不明です。

業者に頼めば効果は抜群ですが、値段はかかります。
本来は、専門業者に頼んでもう二度とコウモリを寄せ付けないようにするのがいいですが、いかんせん値段が高いのがネックです。

自治体によっては、一部負担金制度もあるようなので、コウモリ被害にお悩みの際は、まず自治体に相談するのが適当です。